アクセルペダルとエンジン回転量の関係

なぜアクセルを踏むとエンジン回転が上がるのか

アクセルペダルはワイヤーを通じてスロットルとつながっています。そのため、アクセルを踏むとスロットルはエンジンに吸入される空気の量を増やし、それに応じて燃料の供給量が増えてエンジン回転が上がります。

 

つまり、アクセルペダルは間接的にエンジンの吸入空気量をコントロールできるということになります。アクセルを踏み込む量によって、エンジン回転を調整できます。

 

スロットルはエアクリーナーとエンジンとの間に置かれており、内部には空気の流れをせき止めるスロットルバルブがあります。スロットルバルブはダムの門のような役割をもっており、必要に応じて開閉してエンジンに供給される空気量を制御するのです。

 

普段はスロットルバルブはアクセルペダルの動きで直接開閉されますが、それとは別にコンピューターで補助的な制御を行うしくみもあります。最近では「ドライブバイワイヤー」という方式も増えてきており、アクセルペダルの踏み込み量が電気信号で伝えられます。

 

ドライブバイワイヤーの場合、スロットルバルブはコンピューターに完全制御されます。そのため、誤ってブレーキを踏みながらアクセルを踏んでしまっても、コンピューターが自動制御してエンジン回転を上げないようにすることができます。