エンジンオイルの役割はたくさんある

エンジンオイルは定期的に交換しよう

自動車を利用していて、メンテナンスが必要な部分はあまり多くありません。しかし、エンジンオイルの交換は定期的に行う必要があるとされています。なぜ、エンジンオイルは劣化し、交換しなくてはならなくなるのでしょうか。

 

エンジンオイルはエンジンの潤滑用に使われています。エンジン内部にはさまざまな可動部分の摩擦が発生していますが、その摩擦を減らすのがエンジンオイルの大きな役割となります。エンジンオイルがなければ、摩擦部分の部品が劣化し、すぐに壊れてしまうことでしょう。

 

そして、潤滑作用以外にも、洗浄・冷却・防錆作・気密など、エンジンオイルには大量の役割があります。とくに洗浄作用は燃料の燃焼によって生じたカーボンやスラッジなどの汚れを取り除く作用なので重要です。この汚れはオイルフィルターで除去されますが、オイルの中に残ることもあります。

 

「冷却」は、そのままの意味でエンジンを冷やす作用です。「防錆」はサビを防ぐ作用、「機密」はピストンとシリンダーの間のスペースを塞ぐ作用となります。ピストンとシリンダーの間にはどうしてもわずかなすきまができてしまうので、エンジンオイルによってシリンダーの圧力を保ちます。

 

エンジンオイルにはこうしたさまざまな作用があり、そのためにエンジンはコンディ
ションを保つことができます。また、オイルをきれいな状態にたもつと、エンジンの寿命も伸びると言われています。エンジンオイルは使っているとだんだん汚れてくるため、やはり新しいオイルに定期的に交換したほうがよいのです。