ターボチャージャーが大きなパワーを生み出す

エンジンに大量の空気を送り込む

普通のパワーで満足できない人のために、「ターボチャージャー」というしくみがあります。ターボチャージャーがあれば、大きなパワーによる強烈な加速を得ることができます。

 

より強いパワーを得るためには、もっと多くの燃料を燃焼させればいいことになります。そのためには空気も大量に必要です。しかし、通常のエンジンではさらに多くの空気を吸い込むのは難しくなります。
                              j
そこで考えられたのが、ターボチャージャー、いわゆる過給機です。ターボチャージャーは、軸の両端に羽根車を取りつけた構造をしており、片方のタービンホイールを排気ガスの勢いで回し、同時に回転するもう一方のコンプレッサーホイールで、エンジンにあっしゅくした空気を送りこみます。

 

高圧力の空気はシリンダー内に押し寄せて、大きなパワーを生み出します。本来ただ捨てるだけの排気ガスのエネルギーを使うので、効率アップにも繋がります。

 

ただしガソリンエンジンの場合、混合気をシリンダーに噴出しすぎると圧縮せずに勝手に燃焼してしまうノッキングという現象が起こるため、過剰に空気を送るのは避けなければなりません。

 

また、ターボチャージャーは排気ガスの勢いでタービンホイールを回転させるため、アクセルを踏み込んだときにエンジンの反応が遅れる「ターボラグ」という現象も起こります。エンジン回転数が低く排気ガスが弱いときは、十分なターボ効果を発揮されません。

 

こうしたデメリットをいかに解消するかが、現在のターボチャージャー開発の課題になっています。