エンジンの温度を調節するしくみとは

ラジエターとサーモスタットがエンジンの温度を調節する

エンジンは高い熱をもつので、そのままではオーバーヒートのおそれがあります。そのためエンジンを冷やすメカニズムも重要です。

 

エンジンを冷やす方法には水冷式と空冷式があります。現在は、ほとんどの自動車が水冷式を採用しています。空冷式には構造がシンプルで冷却水漏れがおきないというメリットがありますが、現在ではあまり見かけなくなりました。

 

水冷式はとてもシンプルで、エンジン内を冷却水が流れて熱を奪うしくみになっています。冷却に使用すると熱をもつので、ラジエターに運ばれて冷やされます。ラジエターは熱交換器であり、自動車の受ける風やモーターのファンが発生させる風によって冷却水を冷やします。こうして冷えた冷却水は、再度エンジンへと送られます。

 

エンジンの温度は、低すぎてもよくありません。そのため、冷却回路の途中には、冷却水の温度に応じて開閉するサーモスタットが組み込まれており、冷却水の温度を測定しています。冷却水が80度以上になるまではラジエターヘの道を閉ざしておき、エンジン内だけに冷却水を循環させて、エンジンを早く温めるしくみができています。